少しの段差でつまずき転倒 和室の敷居の段差をなくす畳リフォーム 高齢者の骨折事故防止 

スポンサード リンク


最近は高齢者の日常生活でのケガが増えています。元気で過ごすお年寄りでも足腰の筋力が低下しているので、ちょっとしたことで転倒する可能性があるのですね。

seiza

家の中にいても少しの段差でつまずき転倒ということが起こります。絨毯のへりや浴室マットなどでもつまずいたという話を聞いたことがあります。

和室の部屋の敷居は段差になっている場合が多いので注意すべき場所でしょう。増税前に畳をリフォームしようと言う人は多いのですが、こういう点に配慮すべきですね。

段差をなくしたタイプにするだけでもお年寄り転倒防止、つまずき事故防止になります。
高齢者の大腿骨頚部骨折 NPO法人高齢者運動器疾患研究所

また畳のリフォームをするのは地震対策としてもメリットがあります。段差ではありませんが家具の安定性という観点から大事なことですね。

古くなった畳は下の床板部分がふわふわしています。歩くと振動で近くの家具が揺れたりすることがありますね。

畳はヘリの部分が堅くて中の方が弾力があります。家具を壁に沿って置いていると、中央部に傾斜するようになりますね。
古くなればなるほど傾斜ができて不安定になってしまいます。

和室の部屋の家具転倒防止にお薦めなのは家具転倒防止ベルトというものです。畳下の床と畳寄せに転倒防止ベルトを固定して、家具に取り付けます。

100キロまで耐えれる家具転倒防止ベルト

↓ ↓ ↓

ELECOM 耐震ベルト 転倒防止 耐荷重100kg TS-002N

和室では耐震マットを置いたり金具をつけたりするのも難しいのでこれはお薦めです。畳をリフォームする時がちょうど良い機会だと言えます。

ちなみにこちららテレビ用のマットです。

↓ ↓ ↓

iBUFFALO 液晶TV専用耐震ジェル42型まで対応 BSTV04J42

畳のにおいのする和室は心がなごみますし、子どもたちも日本人として畳で育た思い出を作ってあげたいというのが親心、と同時にお年寄りはやはり畳が好きなもの。

畳を張り替え、段差をなくして和室でもケガをしないように、未来に高確率で起こるとされている南海トラフ地震対策などしっかりと対策おきましょう。増税前に考えてみてはいかがでしょうか?

お年寄りの冷えにも効果的!飲むだけでまるで温泉に入った後みたいにポカポカ( ̄∇ ̄)?♪寝付き最高な冷え性サプリ!

☆彡布団に入っても足が冷たくて眠れない!睡眠不足のせいで子供にイライラ ついついガミガミ怒ってしまうママに!神経が高ぶった時に睡眠薬を飲む前にまずはハーブサプリ

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:増税前の駆け込み

コメントを残す

このページの先頭へ