増税前に自宅を介護向けバリアフリーするなら今でしょ!

スポンサード リンク


今色々な分野で高齢化社会を見据えた研究開発が進んでいますね。

ie

高齢者だけでなく老若男女すべての人が同じように平和に快適に過ごせることって大事です。住宅についても自然環境や災害や住む人の個々のニーズに適応したものが必要です。

快適な住空間を作る際の欠かせないもののひとつがバリアフリーという構造です。もう今やバリアフリーはスタンダードになりつつあります。高齢者や障害者が安全に快適に暮らせる家づくりですね。

車椅子の人はもちろんですが高齢者は数センチの段差でもつまずきやすいものです。歩行の際も不安定な足取りで家の中でケガをする危険性もあります。

またトイレや浴室のように事故が多いというのはそれだけバリアがあるということですね。

段差や手すりだけではありません。電気のスイッチひとつにしてもつける場所やタッチセンサーなど機能があります。
水栓もセンサー式のものが増えていますねそこに住む人のひとつひとつの動きにストレスのないように考えられたものです。

そして住宅は室内だけではありません。

玄関へのアプローチから、ベランダ、庭まですべてがマイホーム。何をするにも安心して動けるスペースでなくてはいけませんね。

今リフォームを機にバリアフリーを考えている人は多いですね。バリアフリーを考えた時にはやはり住宅まるごとをそうしなければいけません。

実績のある業者を選んで見積もりをしてもらうといいですね。今なら増税前なのでコスト軽減にもなりますね。
ユニバーサルデザインなどどいう言葉もCMでよく聞かれますね。

バリアフリーとユニバーサルデザイン違いはなに?

バリアフリーは法律等で規制する事で普及させる「行政指導型」ですが、ユニバーサルデザインは、良いものを褒めたたえ推奨する「民間主導型」と大きく異なっております。

バリアフリーとユニバーサルデザイン違いはなに?

住宅系の雑誌やちらしで、バリアフリーとかユニバーサルデザインって書かれてあったら是非是非チェックしてみて下さいね。

だそうですよ。ユニバーサルデザイン関連の資料も.

40代の腰の痛みに!おかげで子供の抱っこも楽チン( ̄∇ ̄)?♪!

☆彡膝関節の痛みと高校生から悩みの腰痛にマイケアのふしぶしサプリイタドリを飲んでみたら案外良かった体験談

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:増税前の駆け込み

コメントを残す

このページの先頭へ