脊柱管狭窄症にシトルリンサプリとビタミン剤でジンジンする痛みが楽に!高齢者のロコモ対策

スポンサード リンク


脊椎管狭窄症という病気をご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、私は母が腰部脊椎管狭窄症なので、知っていましたが、ヘルニアなどよりは認知度が低い病気かもしれません。

sobo

この脊椎館狭窄症、どのような病気かというと、脊椎の脊椎管という部分がせまくなってしまい、足に痛みやしびれが出てくる病気です。母の場合、原因は加齢と言われたそうです。

加齢でなる方や先天性の場合もあるようです。痛みやしびれ、だる重い感じがして歩くことが辛い状態になってしまい、途中で休憩して、また歩き出すという間欠跛行(かんけつはこう)という状態になり、整形外科で診てもらいMRI検査で腰部脊椎管狭窄症の確定診断が出ました。

さて、近年になって日本整形外科学会からロコモにならないように意識して生活しようという提言がなされました。

ロコモとは運動器症候群(ロコモティブシンドローム)「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になることです。加齢に伴う、様々な運動器疾患(脊椎管狭窄症もこれに当たります)や加齢による運動器機能不全などによって、筋力や体力、バランス能力などの低下が起こり、結果、転倒事故などで、寝たきりになってしまい要介護状態になってしまうようなことが起こりえます。

母はそこまでひどくならず、今も元気に歩いていますが、病気の進行を食い止めるために適度な運動は欠かしていません。ストレッチや腹筋運動などを毎日しています。

理学療法も以前はしていましたが今はしていません。そんな母にすすめているのが、スーパーアミノ酸「シトルリン」です。
雑誌でジンジンするしびれや痛みに大きな効果を発揮という記事があって、ビタミン剤と一緒に飲んでいます。

シトルリンといえば、血管を拡張し血流を促進する作用があり、その結果、動脈硬化の予防や筋肉量のアップ、男性力向上むくみの解消などに効果がある嬉しい成分ですが、シトルリンとビタミンの組み合わせでサプリを飲むようになって痛みが楽になったようですよ。

シトルリンはスイカに含まれている成分ですが、食べて補うには限界がありますよね?こちらのサプリだと1日目安分の4粒を効率よく摂取できますよ。疲れに効くイミダペプチドを入っていてお得!高齢者の風邪防止にもうってつけです。

ワンコインで試せる協和発酵のランキング1位になったシトルリン含有サプリ

↓ ↓ ↓

血流が良くなると肩こりや痛みやしびれも楽になりますもんね、私も足がむくんだ時など時々飲んでます。

このような保存療法でよくならない、または根治を目指したい場合、脊椎管狭窄症には手術が必要となりますが、入院期間はおよそ1週間から2週間が目安のようです。

手術は怖いし、メスを入れたくないと思われておられる方にはシトルリンと腹筋、背筋などの筋力をつけるのがいいかもしれませんね。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:脊柱管狭窄症

コメントを残す

このページの先頭へ