腱鞘炎はテーピングで悪化することもあるって本当?

スポンサード リンク


小さい頃からスポーツなどをして手首や足首、指の関節などを傷めると必ずテーピングをしていませんでしたか?

確かに一時的には患部が固定するので、痛みが少なくなって治ったような気になりがちですが、実は腱鞘炎などにはテーピングはあまり良くないことがわかってきたのです。

では、どんなことが腱鞘炎をかえって悪化させる原因なのでしょうか。

先ほども申し上げたように、テーピングを巻くと手首や指などが固定されて動きづらくなることで結果的に痛みも起こりにくくなります。

したがって、今でも病院や接骨院などでも特に初期段階にはこの治療法はよくおこなわれています。

しかし、この手首や指の動きにくくしたり、筋肉の働きをサポートしたりして負担をかけにくくすること自体が問題なのです。

痛みを避けたいがためについつい痛い箇所を動かさないようになると、どんどんその周囲の筋肉が固まっていき、曲がりづらかったり動きづらかったりしてきます。

もちろん、痛みを我慢して無理に動かす必要はありませんが、大丈夫な範囲で少しずつ動かしたり、患部を温めて血行をよくして筋肉を柔らかくしたりといったことが慢性的な痛みが続く腱鞘炎には効果的なのです。

初期段階はテーピング治療も一つの方法ですが、長期的にしっかりと腱鞘炎を治したければあまり多用しない方が良いでしょう。

以上耳からウロコ情報でした。「腱鞘炎=テーピング」だと思ってらっしゃる方がいらっしゃっつたら要注意ですよ。

赤ちゃん抱っこでパンパンの肩こりから来る頭痛がすっきり!

☆彡産後の抱っこの肩こり、ズキズキ頭痛に授乳中もママが安心して飲めるハーブサプリならずきしらずの実

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:腱鞘炎とテーピング

コメントを残す

このページの先頭へ