プリン体がほぼゼロなのにプリン体ゼロのビールもたくさん飲み過ぎればプリン体がどんどん増えるかもってどういうこと?

スポンサード リンク


ビールとばプリン体がどんどん増えるかも?の関係

飲み過ぎて太ってしまったので最近はプリン体カット糖質がカットされたビールやノンアルコールビールをよく飲むようになりました。

ビールというよりは発泡酒ですが、ビールよりはうまみは少ないもののダイエットにもいいのでたくさん飲んでもダイジョブかなぁ・・・なんて言い訳しながら飲んでおります。

サントリーのノンアルコールビールも箱買いするほど大好きです!親戚の叔母なんてビールは嫌いだけれどオールフリーは大好きというあまのじゃくです。(笑)

暑い日でも、寒い日でも玄関まで送料無料で届けてくれてありがたや~。

↓ ↓ ↓

サントリー オールフリー ノンアルコールテイスト飲料 アルコール0.00% 350×24本

痛風で悩んでいる方もアルコールが大好きという方は多いはず!

痛風にはプリン体摂取制限が当たり前ですので、ビールは皆さんのご存知のように、尿酸の原料となるプリン体が多いので本当はキリンビールやアサビビールを飲みたいけれどプリン体ゼロと書かれてあるビールをついついスーパーで選んでかごに入れてしまうというお父さんも多いのでないでしょうか?

実は、最近はビールと痛風は関係ないとまで言われていますが、それは飲み過ぎなければの話しです。日本酒

な~んだ、もう我慢してプリン体カットされたビール飲まなくてもいいんだ~って思いましたよね?

でも、いくらプリン体が入ってないビールでもたくさんがぶ飲みすれば、もとい、普通のビールでも大量に飲めばアルコールとの相乗効果のせいで尿酸値はグーンとあがるそうです。(当然といえば当然なんだけど)

<<アルコールと尿酸値アップのメカニズム>>

1、アルコール飲料が肝臓で分解されるときに、尿酸の生成が促進されてしまうのです。アルコール飲料が肝臓で分解されるときに乳酸というものが作られます。

2,尿酸が尿から排泄されるのを妨げたりするのです。アルコール飲料には利尿作用があり、体内の水分が減少して、尿酸の濃度があがり、尿酸値を上げてしまいます。

プリン体カットのビールは、痛風対策になるか

そして、お酒といえばおつまみ!

おつまみにはプリン体たっぷりの美味しいものがたくさんありますよね?魚卵、しいたけ、モツ鍋、飲んだ後の締めに豚骨ラーメンなど、実は飲兵衛さんが痛風になりやすいのは、寧ろ、お酒よりもプリン体の多いおつまみのせいと主張する人いるくらいですからね。

スポーツをして汗をたっぷりかいて喉が渇いたり、体が火照ったりした時は、お茶よりもビールよりもまずお水をたくさん飲むことが痛風には効果的なので、一汗かいた後のビールは至福の時ですがほどほどに・・・、がいいようですよ。

痛風になると赤ちゃん抱っこしたり、走り回る子供の子育てに一苦労・・・。若いからといって女だからといって油断は禁物。お酒やプリン体を多く含む食品は食べすぎない、飲み過ぎない、バランスが大切ですね。

妊婦も飲めるノンカフェイン完全無添加!カリウムたっぷり!痛風予防&痛風対策の飲み物といえばずばりびわ茶もどうそ。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

コメントを残す

このページの先頭へ