認知症予備軍の症状は嗅覚障害 浦上克哉先生の認知症を予防する香り(アロマテラピー)通販で購入可! たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学

スポンサード リンク


なんだか最近、おじちゃん、おばあちゃん、物忘れが多い気がする・・・。

えっ?認知症の患者数が20年前に比べ約6倍にも増えている?現在、65歳以上の高齢者の10人に1人が認知症、20人に1人がアルツハイマーという事実!

脳を若返り!たけしのみんなの家庭の医学 

nayamujyosei 7

認知症、アルツハイマー病の名医浦上克哉先生の認知症を予防するアロマセラピー「ある匂いを嗅ぐと脳が若返り認知症を予防できる」とはどういうこと?

お年寄りの冷えにも効果的!飲むだけでまるで温泉に入った後みたいにポカポカ( ̄∇ ̄)?♪寝付き最高な冷え性サプリ!

☆彡布団に入っても足が冷たくて眠れない!睡眠不足のせいで子供にイライラ ついついガミガミ怒ってしまうママに!神経が高ぶった時に睡眠薬を飲む前にまずはハーブサプリ

番組で紹介された認知症予備軍のお年寄りたちの認知機能を改善してきた名医が昼と夜、二種類の香りで認知症を予防するその夢のような香りとは?

認知症予備軍かも?嗅覚障害を放おっておくとどうなるの?嗅覚を鍛えた驚愕の結果とは?

ninshishou

浦上 克哉先生の20年以上の研究と臨床経験から嗅覚と老化の関係性が明らかに!

認知症患者特定の香りを嗅いでもらうというにおいの実験療法を試みてみると、なんと驚くことに、実際に認知症の進行が遅れるなどのが症状が確認されました。アロマセラピーって認知症まで効果あるなんてすごいですね!たかが香り、されど香り!ですね。

そして、療法実施中に見出されたレシピを商品化したものが、上記で紹介したリ・ブレインです。

認知症はなってからではなくなる前の予防を!「認知症のお年寄りは、鼻が悪い」、嗅覚障害予防は認知症予防!認知症開発されたアロマオイルがこちら。

<<日本の認知症研究家の第一人者浦上克哉先生のレシピによるブレンドで作られた精油(アロマオイル)>>

1、昼用「ローズマリー(カンファー)とレモンのブレンドオイル」

テレビで紹介されたものなんいつもは興味のない昭和な男な父ですが、田舎でどうしても車を運転しないといけない60歳の高齢者ドライバーの父がこれを欲しがりました!(今まで一度も事故を起こしたことないけど高速道路はちょっと不安だそうです)

鼻にスーッとしてさわやかな爽快感、1日頑張って働くぞ~って感じ!

↓ ↓ ↓

鳥取大学発ベンチャー開発オーガニックブレンドアロマ精油 リ・ブレイン昼用アロマ

2、夜用「真性ラベンダーとスイートオレンジのブレンドオイル」

疲れた脳をリラックス 心地よい睡魔についついベットへ・・・。

↓ ↓ ↓

鳥取大学発ベンチャー開発オーガニックブレンドアロマ精油 リ・ブレイン夜用アロマ

朝はローズマリー、レモンオイルによる刺激作用により交感神経を優位に働かせ、集中力を高め、記憶力を強化する刺激的な作用があると考えられる。午前中(9~11時)の芳香浴が望ましい。

夜はラベンダー・オレンジオイルによる鎮静作用により副交感神経を優位に働かせると考えられている。
夜(19~21時半)の芳香浴が望ましい。

とのこと。柑橘系のアレルギーがある方はオレンジオイルやレモンオイルは辛いかもしれません。ローズマリーやラベンダーだけで使ってみたいという方がいらっしゃいましたら、他社のメーカーですが、

が1000円以下で買いやすいのでおすすめです。

ちなみにリ・ブレインシリーズではこちらの昼用と夜用のセットが一番人気のようですよ。

↓ ↓ ↓

鳥取大学発ベンチャー開発オーガニックブレンドアロマ精油 リ・ブレイン セット

口コミでは、「父の日のプレゼントに贈りました。購入後寝付きがよくなったとのこと」や、「まずは自分で使ってみたいストレス性の物忘れやイライラヒステリックに効いてる感じがする」というものもありました。ラベンダーやローズマリーは抜け毛対策にもいいのでおすすめ(笑)です。

しゃきっと元気になる昼用と、まったりリラックスできる夜用があります。夜用は、不眠症の方に効果的なエッセンシャルオイルが使われているので、神経が高ぶって眠れない時など朝まで熟睡できそうです。

ちなみにNHK「あさイチ」でも、浦上克哉先生率いる鳥取大学発ベンチャー開発商品芳香浴用高級オーガニックアロマオイル(精油)のリ ブレインが紹介されたこともあるそうでひょっとしたらすでにご存知の方もいらっしゃるかもですね。

リ ブレインは、英語でrebrain、 「脳の力を取り戻す」という願いが込められたアロマオイルですね。

浦上 克哉先生の連絡先 鳥取大学医学部保健学科生体制御学

嗅覚機能の衰えで起きる嗅覚障害の危険性

Zemanta Related Posts Thumbnail

認知症の初期症状は、嗅覚機能の衰えで起きる嗅覚障害。においの感覚が衰えてきたら要注意!一般的に認知症というと「物忘れ」のイメージが強いですが、嗅覚障害の方が物忘れよりももっと早く症状がでるらしいです。

認知症の症状のあるお年寄りは、すえたご飯のニオイでも、賞味期限がきれた食べ物からする悪臭も「臭い」という感覚がなくなってしまうから大変!におわないからまだ食べれると思って食べてしまうんですね。

夏場や梅雨時は特に気をつけて!腐敗したものを食べてお腹を壊して下痢をしたり、食中毒が増えやすいとのこと。

認知症の人が、ガズにかけた鍋が焦げていることに気が付かずに火事を起こしてしまうのも、焦げた臭いニオイに気がつかないから。

普通は、焦げ臭いニオイに気がつくのですが、嗅覚障害のある方はあの強烈な焦げ臭いニオイさえも気が付きにくいから危ない!危ない!

お年寄りの住宅防火対策について

鼻が詰まって食べ物のニオイを感じないだけでもご飯が美味しくないし味気ないもの、正常な嗅覚は安全に楽しい生活のためには必要な能力です。

嗅覚に異常を感じていたら、あなたは多分立派な認知症予備軍かも?でも、大丈夫!物忘れが始まる前の段階で嗅覚への刺激をアロマの力を借りて刺激を与え続ければ認知症予防に効果が期待できるそうですよ。

しっかり認知症を予防して、転倒防止、寝たきり防止、元気で長生きして下さいね。だって楽しいシニアライフを満喫しないともったいないじゃない。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:たけしの家庭の医学

コメントを残す

このページの先頭へ