加齢で起こる膝の痛みかと思ったら車椅子 隠れリュウマチと変形性関節炎の見分け方

スポンサード リンク


今日はいいお天気でした。公園を散歩していたら、立派な梅の花がとても可愛らしく咲いていました。見上げていたら梅の花の近くのベンチで大きな声で話すおばあちゃんの声が・・・。

ume

しんどいスクワットよりも楽な成長ホルモン出す食材でバストもUP( ̄∇ ̄)♪

☆彡30代置き換えダイエットで何度もダイエットに失敗してリバウンドしてしまうあなたに!夕飯に究極の痩せる食材を食べて痩せホルモン(成長ホルモン)をドバドバブッツシャー

「アイタタタ、膝が痛い・・。70代のおばちゃん達が集まっていてお茶を飲みながら体のあちこちが痛い、膝も痛いし、腰も痛いし、あーだの、こーだの、あんんたよりも私の方が可哀想よぉ?もう、私大変よぉ~。」

といような感じの討論会なるものが開催されていました。いや、普通に女子会、いや、婦人会、いや、おばあちゃん達によるおばちゃん達のための井戸端会議です。(笑)

さてさて、そんなおばあちゃん達の会話を聞いていたのですが、加齢から来る膝の痛みだと思っていたらリュウマチやって、車いすになった人がいて気の毒というようなことを話していました。

実は、私の回りにも20代でリュウマチになったり、いつも膝が痛いと言っている親戚がいたりするので、ちょっと気になって調べてみました。

隠れリュウマチと変形性関節炎の違い

hiza

変形性膝関節症(へんけいせい しつかんせつしょう、英: osteoarthritis)は、筋力低下、加齢、肥満などのきっかけにより膝関節の機能が低下して、膝軟骨や半月板のかみ合わせが緩んだり変形や断裂を起こし、多くが炎症による関節液の過剰滞留があり、痛みを伴う病気である。

ウィキペデイアより

最初に膝の水ではじまる「隠れリウマチ」は実はかなり多いのです。また最初は五十肩と診断される隠れリウマチもかなりあります。

その特徴は、

●けがなど痛くなるような覚えがはっきりしない。

●水がたまりやすい

●ヒアルロン酸が効かない

●MRIで骨髄浮腫が通常の変形性関節症よりも強い。

●両側性のことが多い。

五十肩と診断される隠れリウマチ、変形性膝関節症とリウマチが両方あるかた、半々のかたなど様々なケースがみられます。

専門的な数値はこちらの解説を見てみてください。隠れリウマチの診断後の治療の流れ 東京リウマチ・膝関節治療センター

だそうです。最初に膝の水ではじまる隠れリウマチは多いそうでびっくりしました。定期的に膝の水を抜きにいっている親戚がいるのですが、聞いてみると膝へのヒアルロナン注射で楽になるということなので、リウマチの心配はなさそうでホットしました。

ヒアルロン酸を入れると膝に入れると体にも吸収されるらしく、肌の調子もいいそうです。最近では、グルコサミンサプリも飲み始めたようで階段や、曇りの日の憂鬱になりがちな買い物に行くのも楽しくなったそうですよ。

雨の日は地盤がゆるくなりがちで、草の生えているあぜ道を通る時は、滑ってこけないように、ついつい膝に力が入って歩きがちですが、膝にぐっと力を入れても、ヒアルロン酸注射とグルコサミンサプリのおかげで、ズキンとした激痛があまりなくて、痛みも少なくて嬉しかったそうです。

みんなのグルコサミンサプリ体験談

ところで、70代となると持病があったり来年から孫は中学生とか、畑仕事は腰にくるとか、どこそこの誰それが亡くなったとか、自分自身のことなど、あれこれうわさ話にも満開になった梅の花にも負けないくらいでした。(笑)元気で何よりです。

膝の調子が悪いな?ひょっとして隠れリウマチ?と思って不安になった方は、セカンドオピニオンを聞きに整形外科などを受診されて下さいね。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:たけしの家庭の医学

コメントを残す

このページの先頭へ