関節の痛みにグルコサミンと鮫肝油(スクアレン)サプリどっち?重金属が気になる・・・。

スポンサード リンク


関節の痛みというと、テレビコマーシャルの影響などえグルコサミンやコンドロイチンなどをすぐに思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

参照グルコサミンの力で元気に自転車が漕げる!世田谷自然食品のグルコサミンを飲んだ体験

でも、意外と鮫肝油も人気みたいで、近所の園芸が趣味のおじさんがスクアレンを飲み初めて随分と手首のだるさと体の痛みと疲れが楽になったそうです。敬老の日のプレゼントや、冬になると体が冷えて関節痛もひどくなりがちなのでクリスマスプレゼントやお歳暮として贈る方も多いのではないでしょうか?

ただ、鮫ってことは食物連鎖的に水銀などの重金属が溜まってないかがちょっと心配ですね。

まぐろも食べ過ぎると体に有害な重金属がたまってキレーション(デトックス)が必要になったりするらしいです。今の現代人は、添加物や農薬を始め知らない間に有害物質を取り込んでいるわけでそれが原因で抜け毛や体調不良や湿疹、うつまでもこれらの環境ホルモンのせいだと揶揄する研究者もいるくらいですね。

国生さゆりさんもまぐろが大好きで美容外科で、点滴でキレーションをしている特集がを雑誌で見たことがあってショックだだったのを覚えています。こちらでその様子の記事が読めますよ。新年明けまして出しましょう
40年間の毒出し“美トックス”

うーん、どうしたものか・・・。

鮫肝油は血管をやわらかくするので動脈硬化予防にもいいし、お肌の艶も良くなる効果も期待できる優れもの、一方グルコサミンは、年齢とともに減る軟骨成分に潤いを与えふしぶしの痛みを和らげる効果が期待できるとか?

この鮫肝油は、若い世代というよりもどちらかというと年齢の高い高齢者の方に人気のようですが、まだ、私は若い世代になりますので、それならグルコサミンやコンドロイチンの方が安心かな?と思います。

もう少し鮫肝油について勉強して詳しく解説できるように本を読んでみようと思った今日この頃でした。なんとなく飲むよりキチンと目的を持って効果を期待して飲みたいですものね。

しんどいスクワットよりも楽な成長ホルモン出す食材で痩せるのよ( ̄∇ ̄)♪

☆彡30代置き換えダイエットで何度もダイエットに失敗してリバウンドしてしまうあなたに!夕飯に究極の痩せる食材を食べて痩せホルモン(成長ホルモン)をドバドバブッツシャー

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:スクアレン

コメントを残す

このページの先頭へ