実家が近くにない、夫が激務で頼れない、そんな妊婦さんにおすすめの東京周辺なら日本交通陣痛タクシー

スポンサード リンク


友人が妊娠中なので、出産して忙しくなる前に会って楽しく過ごすことにしました。かなり大きいおなかをしていた友人は現在8か月だそうです。

プリント

あと2か月もしないうちに赤ちゃんと対面するのをとても楽しみにしているようでした。

友人は実家に里帰りして出産するのかと思っていましたが、実家は過疎の地域なので、近くに産婦人科がないということでした。

実家に帰省して出産するのはあきらめて、自宅の近くで出産する予定だそうです。

しかし、陣痛が来たらどうするのでしょうか?

友人の旦那さんはいつも残業ばかりで家にいる時間も少ない人。そんな時に陣痛がきたら、大変じゃないの?と質問してみました。

すると、友人は笑顔で、日本交通の陣痛タクシーを予約してあるので大丈夫だよと言っていました。

陣痛タクシーって初めて聞いたので、友人に詳しく教えてもらうことにしました。今後私が何かあった時に使えるようにと思ったので。

日本交通の陣痛タクシーの特徴は事前登録をしておくことによって、電話を掛けたらすぐに
対応してくれるようです。

お迎え場所の登録可能地域は都内23区、及び武蔵野市・三鷹市

日本交通陣痛タクシー

しかも24時間365日対応してもらえるらしく、いつ陣痛が起きても安心だとか。へぇ~。これは旦那さんよりも頼りになるんじゃないかしら?

陣痛タクシーの予約方法は電話とネットで楽々できるそうです。簡単ですね。

陣痛タクシーの料金は、メーター料金プラスお迎え料金400円で利用できるらしく、普通のタクシーとそんなに変わらないですね。

陣痛タクシーが最初にできたのは東京らしいのですが、最近では地方でも陣痛タクシーをしているタクシー会社が増えたようです。

陣痛タクシーの連絡先を携帯にしっかり登録しておけば、陣痛が起きた時でもすぐに連絡をいれて病院に連れて行ってもらうことができるようです。

一人でどうしよう?出産が不安と思っている妊婦さんに、陣痛タクシーは強い味方!本当に安心できますよね?こういうサービスはしっかり登録して安心安全に出産を迎えたいものです。

私も、転勤族なのでひょっとしたら東京に引っ越すかもしれません。母も姑もそばにいないとなると、ひょっとしたら私もお世話になるかも?次の子供ができたら登録しようと思います。

40代の腰の痛みに!おかげで子供の抱っこも楽チン( ̄∇ ̄)♪!

☆彡膝関節の痛みと高校生から悩みの腰痛にマイケアのふしぶしサプリイタドリを飲んでみたら案外良かった体験談

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:出産準備

コメントを残す

このページの先頭へ