立ち仕事で足の疲れとひざの疲れは、ふくらはぎ湿布とふくらはぎもみで大分楽になりました。

スポンサード リンク


私は以前デパートで販売のアルバイトをしていたことがありました。休日はそれなりにお客さんも多くて忙しい場所でしたが、平日はヒマで困りました。

女性8

暇なら楽じゃないかと思われますが、真逆でとても苦痛なのです。icon_redface.gif

パンプスをはきっぱなしでむくんだお疲れ脚にじわ~んと気持ちいいぃ( ̄∇ ̄)و♪エステジェルでほっそり脚!!

☆彡エステサロンのプレミアコースで使用されているレッグケアジェルでおうちで簡単!むくみすっきり!足首ほっそり!脚痩せエステ

入ったばかりの頃は本当に辛かったです。姿勢良くしてお客様を待つというのが大変でした。足がパンパンになってふくらはぎが痛いわけです。

立ち仕事を経験されている人はきっと皆さん同じようなことがあるのではないでしょうか?

バタバタと動きまわっていると疲れるのは当然ですが、動かない辛さに比べるとマシですね。本当に棒立ちのような姿勢って足にくるんです。

その時は先輩に「足痛くない?」と声をかけてもらいアドバイスをしてもらいました。

動きまわれない場合でもその場で足踏みしたり少し膝を曲げてみると良いのだそうです。それくらいはしないと足が痺れて痛くてとにかく血行が悪くなって筋肉が堅くなるので動かすことが大事なんですね。

休憩時には歩きまわったりマッサージも一所懸命していましたよ。適当にふくらはぎをもんだただけでも気持ちが良かったです。

最近のものならふくらはぎマッサージなら金スマで紹介されたマッサージ法が分かりやすくでおすすめですよ。
体全身に血液を戻すふくらはぎ健康法もおすすめです。金スマで紹介された槙孝子先生のふくらはぎ健康法動画

家に帰ってからはお風呂で血行を良くしてストレッチも毎日やってると、足が接客業をする前よりも細くなったかようにも感じたぐらいでしたよ。

立ち仕事でひざに疲れが貯まりやすい方は、パーソナルトレーナーの小林さんが教えるストレッチ法が1分でできていいと思います。風呂あがりの一杯、晩酌の前に、お風呂あがりにするのがおすすめです。

そして寝る前にはかならず湿布を貼るようにしました。痛みが和らぎ疲れもすっと取れるので気持ちもすっきり!
湿布は気休めになんて言う人もいますが、気休めじゃないですよ。本当に外用薬としての効果があるのです。

湿布はおばちゃん臭くて嫌だという方は、めぐりずむも中々いいんじゃないかな?と思います。温かいですしね。でも、貼ったままは寝れないかも?

めぐりズム 蒸気の温熱シート 16枚入

筋肉を動かすことと湿布とふくらはぎもみのおかげでとても楽になりました。立ち姿勢にも慣れてきて私の場合は数週間でふくらはぎの痛みは無くなりました。

立ち仕事の人はとにかく動ける時に動かすこと、しっかりケアをするというのが大事ですね。

しっかりむくみをとって夜中トイレに起きないように朝までぐっすり眠って、日中ハードな立ち仕事もお客様のために、しっかりこなしていこうじゃありませんか。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:足のむくみ対策

コメントを残す

このページの先頭へ