11月23日 NHK チョイス@病気になったとき 突然の肩の激痛は石灰化? 石灰けん炎(石灰沈着性腱板炎)の原因と再発防止

スポンサード リンク


突然肩にビビビと激痛が!
体に石がたまる、体が石灰化していると聞くとちょっと怖いですよね?

nayami

石灰化というと有名なのが尿路結石、女性では、乳房の石灰化を心配する方が多いのではないでしょうか?(石灰化=乳がんというわけではないの念のため、乳腺症と診断されることが多いかと・・・)

寒さの増す季節、冬は、肩も凝りやすいですし、急に悲鳴を上げるほど肩が痛くて眠れないほどの痛みでも、五十肩(肩関節周囲炎)の症状とよく似ているため、年齢的に四十肩とか、五十肩かと勝手に決めつけて、放ったらかしにしている人も多いらしいです。

あまりに痛いので仕方なく整形外科に行ってみると「レントゲンに石灰が写ってる!」んあてちょっとびっくりしますよね?

<<石灰沈着性腱板炎の原因>>

石灰沈着性腱板炎とは、腱板に沈着したカルシウム塩(リン酸カルシウム結晶)により急性炎症を起こす疾患です 。30-50歳代で頻度が高い疾患です。原因はわかっていません。 ただし腱板の加齢 変と力学的負荷によって変性と血行不良が起こり、石灰沈着が誘発されると推察されています。

石灰沈着性腱板炎の急性期症状

上のリンクにはレントンゲン写真で石灰沈着性腱板炎の解説がされているのですが、素人の私でも、レントンゲン写真でも肩に白く石灰部分があるのが見て取れました。

医学的には、石灰沈着性腱板炎の原因は不明ということですが、一因にはストレスやホルモンも関係していると考えられているようです。30-60歳の女性に多く発生すると一説には言われていますが、男性でも発症することも珍しくありません。

<<石灰沈着性腱板炎予防、治療法>>

タガメット(シメチジン)という石灰を溶かす胃腸薬や、ブロック注射、お灸、ひどい場合は手術して石灰を取り出すこともあるようです。
肩に石灰ができると自然治癒するのは難しそうですね。

<<石灰沈着性腱板炎予防、再発防止>

尿路結石になった友人がいるのですが、体に石灰ができやすい人や石灰沈着性腱板炎になりやすい方は、お茶やコーヒーなどの利尿作用の強い飲みものをたくさん飲む人が多いそうです。脱水症状にならないように水分補給をしっかりするということが大切だということでした。

水道水よりもミネラルウォーターを飲む方が飲みやすくておすすめだそうですよ。

参考になりましたら幸いです。

40代の腰の痛みに!おかげで子供の抱っこも楽チン( ̄∇ ̄)♪!

☆彡膝関節の痛みと高校生から悩みの腰痛にマイケアのふしぶしサプリイタドリを飲んでみたら案外良かった体験談

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:石灰沈着性腱板炎

コメントを残す

このページの先頭へ