アルミサッシ組み立てで腱鞘炎!労災を申請し労災認定下りた友人の体験談

スポンサード リンク


私の友人は工場のラインで働いています。毎日毎日同じ作業で大変だそうです。最初は派遣社員で入社したのですが、会社のほうから正社員として働かないかと誘われ、正社員になったばかりです。

正社員になったお祝いに一緒に食事をしました。食事の時に、色々仕事についての話をきかせてくれました。この工場は、正社員よりも派遣や、アルバイトで働いている人が多く、人が良く入れ替わるような工場らしいです。

友人も、仕事内容をみたら仕事を辞める人の気持ちはすごい分かると思うよと私に言ってくれました。アルミサッシを組み立てる仕事が主な仕事なのですが、とにかく生産ラインにずっと立ちっぱなしで、流れてくる部品をずっとビス止めしているそうです。

友人の手首にはテーピングが巻かれていました。生産ラインでずっとビス止めをしていると手首や親指の付け根が腱鞘炎になってしまうそうです。

同じ生産ラインで働いている人の半数以上腱鞘炎か、腰痛を患っているということでした。手が痛くて生産ラインについていくのがやっとという日もあるそうです。辛くてやめる人が多いのがわかるような気がします。

友人は病院に通いたくても最初のうちは生産ラインを止めることになるので、遠慮していました。しかも正社員になったばかりなのでなおさらです。しかし、同じ生産ラインの方と一緒に病院へ行こうという話になり痛みを抱えている同僚と一緒に病院へ行ってきたそうです。

友人は、手首の腱を手術をしたほうがいいのではといわれたほどの傷み方だったそうです。

病院の先生から労災を申請してはどうかというお話があり、同僚みんなで相談し、過酷な労働なので、労災認定してくださいと会社に訴えたそうです。みんなでやれば怖くないという集団心理ですね。

会社のほうもしぶしぶですが、労働基準監督署へ申請してくれて労災認定がおりる予定だそうです。

正社員になったばかりなのでどうなることかと思ったらしいですが、まだ仕事を続けられることになり、よかったと言っていました。

労災はいつおこるかわからないものです。知っておいて損はないと思いました。腱鞘炎ノートでも腱鞘炎と労災の体験談が書かれていあり色々考えさせれました。

私は労災のことについては知らないことだらけだったので、とても勉強になったとおもいました。

今すぐドガ食いを抑えてとにかく食べ過ぎ防止してくれるパワフルなサプリ( ̄∇ ̄)?♪!

☆彡肥満大国アメリカでも大人気!食べ過ぎ防止サプリならお腹の中でグルコマンナンがドーンと広がるデドっとこんにゃクリーンが一番おすすめ!

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:腱鞘炎のQandA

コメントを残す

このページの先頭へ