腱鞘炎で手首が痛いんだけどグズったら赤ちゃんが泣いたら抱っこしないとダメなの?バウンサーの出番です!

スポンサード リンク


出産してからずっと赤ちゃんと一緒でした。授乳ももちろん、あかちゃんがぐずった時もです。

baby

最初のうちはわからなくて泣いたら抱っこという感じで抱っこしていたのですが、そうしているうちにだんだんと私の手首や体が悲鳴を上げ始めていました。

手首は腱鞘炎になるし、腰が痛いし、私自身イライラがたまってしまいました。そうなると、抱っこしたくないときも出てきました。

オムツかえてもおっぱいあげても泣いているし、なんで泣いてるのか分からなくて、こっちが泣きたいくらいになり、辛くて本当に泣いてしまったこともありました。

先輩ママたちは、赤ちゃんが少しぐらい泣いてもないてるわ~ぐらいで、少しぐらい泣かせてても大丈夫なんだよとアドバイスをくれました。

しかし、その少しぐらい泣かせても大丈夫というタイミングがまだまだ分からないし、日中は助けてくれる人も周りにはあまりいませんでした。

たまたま、育児用品が足りなくなり買い物に出かけた先で見つけたバウンサー(ゆりかご)、なんだかゆらゆらと揺れてるんだねと思い見ていたら、お店の方がどうぞ座らせてあげてくださいというので、私の赤ちゃんを座らせてみました。

こちらはイメージです。

↓ ↓ ↓

その時はご機嫌という状態ではなかったのですが、座ってゆらゆらしていると楽しいのか、ニコニコし始めました。

「これ、いいかも!」泣いたときにこれでゆらゆらさせたら、私の負担も少しは軽くなるんじゃないかと思い、即購入しました。

家に帰って普通にしていたら早速赤ちゃんがぐずり始めました。いつもだったらすぐに抱っこしたりしていましたが、今日はおむつも濡れていなかったし、おっぱいもあげたばかりだったので、先ほど購入したバウンサーに助けてもらうことにしてみたら・・・。

バウンサーにいれて、ゆらゆら揺らしてやるとあら不思議w暫くは泣いていましたが、だんだんと落ち着いてきてしまいにはウトウトしてくれました。やったぁ~。嬉しい~。

それ以来、バウンサーは私の強い味方になりましたとさ。

バウンサーのように育児お助けグッズを使って、体の負担を軽減して育児を楽しめるようになりましたよ。

赤ちゃんが泣いたからって必ず抱っことは限らないんだなと思い子育てしています。参考にしてみて下さいね。

赤ちゃん抱っこでパンパンの肩こりから来る頭痛がすっきり!

☆彡産後の抱っこの肩こり、ズキズキ頭痛に授乳中もママが安心して飲めるハーブサプリならずきしらずの実

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:腱鞘炎のQandA

コメントを残す

このページの先頭へ