膠原病持ちの授乳体験 授乳中にママがプレドニン飲んでも大丈夫?母乳育児できる?

スポンサード リンク


発病したのは27歳の時で、病気の兆候は25歳くらいからありました。27歳で体調急変、病院へ行ったらそのまま即入院といわれて、そこからステロイドを服用し始めました。

妊婦さん

その時は既に結婚していたのですが、子供はなくて、入院してからこまめにレントゲンを撮っていたために、「当分妊娠のことは考えないように。」って言われました。

そうはいいながら29歳の時、妊娠の兆候が現れて、産婦人科受診後、膠原病の担当の先生に相談をしました。「最近のレントゲン撮影から期間が空いてるから、リスクはないとはいえないけれど、大丈夫かな・・?」と言われたので出産を決意しました。

妊娠中も出産後も、ステロイドを服用しなければならなくて、全くリスクのない薬なんてないので、出産まではとても心配でした。生まれた子供は健康で、これから先可能性はないとは言えないけれど、遺伝の可能性は少ないと言われました。

授乳中にママがプレドニン飲んでも大丈夫?母乳育児できる?

たまごママネット医師団

プレドニンもガスターも母乳に移行するので添付文書には授乳を避けることと記載されていますが、母乳中に移行する量が少ないために子どもに悪影響を及ぼす可能性は少ないと考えらます。通常量の服用では母乳育児に支障ありません。
プレドニン40mg/日以上で長期に服用する場合は、児の成長発達を定期的に観察する必要があるとされています。今の服用量は朝夕あわせてプレドニン10mgなので心配ないと思われます。
平林先生 大阪市立十三市民病院小児科 08.7.1
たまごママネット医師団

授乳中もプレドニンを服用しなければならなくて、確か10mg服用だったと思います。

母親の悪いものが授乳することで子供が飲んでしまうとか言われてとても不安になりましたが、すくすく元気に育ってくれて、今では風邪もひかない元気な子なのでラッキーだったと思います。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:授乳の悩み解決

コメントを残す

このページの先頭へ