ベッドに寝かせた途端、ギャー 赤ちゃんが朝までぐっすり眠る方法

スポンサード リンク


赤ちゃんって本当に可愛いですよね。ただ夜泣きをされると困ってしまうというママさんも多いかと思います。

あかちゃんおもちゃ

飲むだけでまるで温泉に入った後みたいにほっこりゆるむ~( ̄∇ ̄)?♪寝付き最高な冷え性サプリ!

☆彡布団に入っても足が冷たくて眠れない!睡眠不足のせいで子供にイライラ ついついガミガミ怒ってしまうママに!神経が高ぶった時に睡眠薬を飲む前にまずはハーブサプリ

赤ちゃんの寝かしつけはこんなに簡単に寝てくれるの?という時と、なかなか寝てくれず、抱っこしてやっと寝てくれたと思ってベッドに寝かせた途端、ギャーなんてこともよくありますよね。

これは本当にガックリきます。でも、寝付いてしまうと朝までぐっすり寝てくれるとなるとママさんは随分楽でしょう。

一体夜泣きはいつからいつまで?と不安になっておられる方も多いと思います。昔は6~7ヶ月から夜泣きが酷くなり、1歳半ぐらいまでと言われていたそうですが、今は生後すぐから4~5歳まで続くお子さんもおられるようです。

夜泣きが9ヶ月頃から酷くなったという場合、離乳食の進具合やおっぱい、ミルクの量が足りていないのかもしれません。

大人でもお腹が空いたら眠れませんものね。それから、やはり体内時計がまだ不安定ということもあるかと思います。夜泣きが一歳になっても終わらないと、さらにつらいですよね。

赤ちゃんは重たくなるし抱っこもママ一人では無理なので、パパに協力してもらっておられる方も多いかと思います。昼夜逆転になると、ママは赤ちゃんと一緒にお昼寝できますが、パパには申し訳ない気持ちもしたりしてしまいますね。

一歳でおっぱいの赤ちゃんなら、思い切って断乳をしてみるというのも一つの対策かもしれません。

夜泣きも二歳ともなると、相当大変だし、心配ですね。二歳なら、外遊びをいっぱいさせてあげて、生活リズムを整えてあげるのがいいのではないでしょうか。

昼間にいっぱい体を動かして遊んだら、疲れてぐっすり眠ってくれると思いますよ。夜泣きっていつまで続くの?と疲れ切っておられるママさん、いつか収まる日は必ずきますのであまり心配しなくても大丈夫ですよ。

ママが不安になってしまうとそれが以心伝心で赤ちゃんに伝わってしまうこともないとは限りませんからね。

夜泣きの原因と対処法は科学的には確立されていないようです。

地方によっては小児鍼をすすめられるところもあるようです。試してみたい方は一度、最寄りの鍼灸院に問い合わせてみるのも
いいかもしれませんね。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:授乳の悩み解決

コメントを残す

このページの先頭へ