美味しく食べれる自由研究 なんちゃって手づくりところてんゼリーでダイエット中のママも喜ぶ

スポンサード リンク


夏になると無性に食べたくなる、夏の風物詩ツルツルの、ドコモのCMで初めて読み方を知った方も意外と多い、こころぶと、もとい、ところてん。

いつもは出来たものを購入しているのですが、どうやって作るのか気になる!!

これは一度作ってみなければと思って、ポチポチしてみると「ところてんゼリー」という商品を発見。
これを使えば、なんちゃって手づくりところてんができるみたいなので即購入。

そもそも、小さい頃からなぜところてんは「心太」と書くのか疑問に思っていたのでついでに調べてみたいと思います。
ところてんは、中国から伝わり「こころぶと」と呼ばれこの漢字があてはめられました。

そして、時代とともに呼び方が変化して「ところてん」と呼ばれるようになります。古くは奈良時代から食べられていたとっても歴史ある食べ物だったみたいです。

何だかますます興味が湧いてきました。

商品が届いたので早速作ってみたところ、レシピも付いていたので簡単に作ることができました。ところてんの材料は天草という寒天に似た材料で、スーパーで簡単に手に入るのでよかったです。

中身が見えて、お子様にも楽しくカンタンに出来ます♪

うにょうにょ~って感じでさっぱり美味しいです。

↓ ↓ ↓

天草がなくても、寒天ゼリーにしたり、ゼラチンを使ってところてんゼリーにしたり新感覚のデザートが作れます。私は、ところてんをあんみつにしたり酢醤油でおかずにしたりと食べてみましたが、本当にツルツル美味しい!!

自分で作るとまた格別です。ママ友におやつとして振る舞ったら大絶賛の声が!!

これは子供と一緒に作っても楽しめるし、小学生の低学年の夏休みおいしい自由研究のテーマにももってこいです。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:自由研究

コメントを残す

このページの先頭へ