妊娠3か月から4か月のひどい悪阻と味覚の変化 食べづわり 食いづわり いつ治まるの? 

スポンサード リンク


妊娠中は初期から後期まで体調の変化が大変でした。わたしは8か月まで仕事を続けていました。
妊婦中のつらかったことと言えば・・・・。一番にやはりつわり。。妊娠3か月から4か月のときが一番ひどかったなとおもいます。

赤ちゃん4

何を食べても吐き、水さえも吐いてしまう状態でした。常に気分が悪く、眠りにもつけない…今まで生きてきた中でこんなにも辛いことがあるのか、と何度も泣きました。

あの気分の悪さ、食べ物を思い切り食べたいのに食べられない辛さ、吐くときの気持ち悪さなど本当に辛かったなぁと思う。

接客業で窓口から離れることができなかったので、つわりで気持ち悪い時は大変でした。お腹が気持ち悪いという感じが朝起きたときからずっと続きました。それでもまだ、トイレに走るような吐き気はなかったです。

私のタイプは、空腹になってくると気持ちが悪くなってくる「食べづわり」と「食いづわり」!朝の起きた瞬間から気持ちが悪いのには参りましたね~。気持ち悪いだけならまだいいのですけれど、朝一番に吐くことが何よりも嫌だったです。

しかも起きたてだから動きが鈍いわけで、妊婦だから余計ですよね?なのでトイレに間に合わない事も多くキッチンで吐いたことも何回かありましたわw

何か口に入れていると落ち着いてくるので初めは飴を入れていましたが、電話に出たりしなければならなかったので方法を変え、それを解消するために、おせんべいを容器にいれて小さく割って持って行ってこっそり食べていました。

その時期が過ぎると胸のあたりがすっとして「つわり通り過ぎた!」と実感するくらいでした。

その酷いつわりも妊娠6ヶ月頃にはだいぶ治まりましたが、それでも食べれない物はありました。妊娠前、大好きだったお寿司やシチューなども受け付けなくなってしまいました。それは出産した今でも変わらず、食べることができません。

臨月になるとつわりは治まりましたが、胃が大きくなったお腹に圧迫されて苦しく結局つわりのような状態でしんどかったです。常に胃の不快感があり、胃がスッキリしない…そんな時には炭酸飲料にとても助けられました。

出産後、大きかったお腹が凹んでしまったのは寂しかったですが、今まで胃を圧迫していたお腹が小さくなったため、ご飯がびっくりするくらい美味しかったです。

今では母乳をあげることによりお腹が空くのもありますが、出産前よりたくさんご飯を食べてしまっています。

大変なつわりでしたが、一番体のなかで胎盤や赤ちゃんが形成されている時期だったので、つわりは本当に大事なときなんだよ~というサインだなぁなんて今は懐かしく思います。

つわりは大変だけれど、ママは強し!数ヶ月しんどいかもしれないけれど頑張って乗り越えて下さいね。

鼻スースで今日も絶好調( ̄∇ ̄)?♪!

☆彡妊婦さん飲めるハーブティー♪夫のいびきがうるさくて眠れない!夫婦仲が悪化する前に花粉症、季節の変わり目の鼻水、鼻詰まりにえぞしきスースー茶

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:悪阻

コメントを残す

このページの先頭へ