共働き夫婦 二人目妊娠 妻は切迫流産で安静 在宅勤務、夫は残業時間短縮 子育てと仕事の両立って大変!

スポンサード リンク


現在二歳の娘がいます。夫は忙しい仕事で、平日の帰りは遅いと24時を過ぎることもあります。

夫婦

40代の腰の痛みに!おかげで子供の抱っこも楽チン( ̄∇ ̄)♪!

☆彡膝関節の痛みと高校生から悩みの腰痛にマイケアのふしぶしサプリイタドリを飲んでみたら案外良かった体験談

そんな中で、二人目を妊娠しました、が、お医者さまから切迫流産で安静の指示をうけました。ですが、私の実家も夫の実家も遠方で近くに親戚や兄弟などは全くおらず、夫婦二人での子育て共働き夫の家庭です。

最初はどうしようかと途方にくれましたが、主人か会社に事情を説明し、後ろめたいながらもなんとか理解をえられ、平日は遅くとも21時くらいまでは帰宅してくれるようになりました。

朝も、出勤時間を多少遅くして、娘の保育園への送り迎えをしてくれました。

私もパートでウェブ制作関係の仕事をしていましたが、安静指示をされた事を職場に話したら、在宅勤務へと変更して頂き仕事内容も以前より軽くなりました。本当にありがたいことです。

自宅なのでスケジュールの調整をすることがき、なんとか仕事をさせて頂いている状態です。

私たちは二人だけの子育てでしたが、お互いの会社の理解もなんとか得られ、事なきを得ました。どうしても小さな子供がいると会社には迷惑をかけてしまいます。

私達の場合は幸いなことになんとか理解を得てやっておりますが、そのような会社ばかりでは無いと思います。やむおえず 転職や辞職せざる負えないこともあるでしょう。

いくら、育児をする男性は素晴らしいとイクメンが雑誌やテレビでもてはやされても、実際に主人も同僚や上司など周りから心ないことをいわれたりすることもあるらしく、色々と大変なようです。

会社の制度的にもそうですが、色々な意味での理解が必要だと実感した出来事でした。

今、安倍政権で働く女性を増やす、子育て中の母親を積極的に起用して働きやすい社会を作ることを目標としていますが、20代、30代、40代の働き盛りの父親も積極的に子育てに参加できるような体制が必要だと思いました。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:育児あれこれ

コメントを残す

このページの先頭へ