世界一受けたい授業で紹介された 赤ちゃんや子供がいても安心してつけれるホタテマニュキア 絵具専門店「上羽絵惣」胡粉ネイル 京都ネイル

スポンサード リンク


世界一受けたい授業で元経産省官僚で大学教授の岸博幸さんによって紹介されたホタテマニュキア!赤ちゃんや子供がいても安心して使える除光液いらずの落ちるホタテの粉を使った自然素材の指先を彩るホタテの貝殻を粉末にしたマニュキアです。

胡粉とは、ホタテの貝殻のこと、この不思議なマニュキアの開発のきっかけは、妊娠中でもマニュキア塗りたい!おしゃれしたい!と訴える友人の一言だったそうです。京都初の日本コスメ、海外でも人気がでそうな気配ですね。(ひょっとしてもう人気?だったりしますか?)

市販のマニュキアはツ~ンとしたニオイが苦手・・・・。でも、コレならニオイもないし、発色も綺麗!

仕事をしているママも、普段使いにもぴったりの王道の桃色

↓ ↓ ↓

胡粉ネイル 水桃

名前も色もカッコイイ!鮮紅朱(せんこうしゅ)

↓ ↓ ↓

胡粉ネイル 鮮紅朱(せんこうしゅ)

番組では、ホタテの粉は何に使われている?という質問で、ゲストが、「アイシャドウ」とかローラが「しゃもじ~」とか、トンチンカンな予測をしていましたが、実は、マニュアキアで、皆さん驚いている様子でした。

マニュキア大好きだったけど、子供と不触れ合うのに化学物質がたっぷりついた爪はやっぱり気になりませんか?

時間が経つとマニュア気が剥げてくるし、除光液で爪も痛むし、かといってジェルネイル?とかネイルサロンに行く程でもないし、でも、ちょっと爪を綺麗にしたいし、どうしよう?という方には、ホタテマニュアがおすすめです。

ホタテマニュキアは、アルコールで吹くだけで落とせるので、除光液よりも爪に負担がかかりにくく、爪が傷んでかさかさしにくいみたいです。

結婚式にお呼ばれした時や、PTAや、ちょっとしたお出かけの時なんかにいかがでしょう?指先のプチおしゃれも楽しいものですね。

お色も、ピンク色のナチュラルなものや真っ赤なお色や、真っ青なビビットカラーなど色々ありますよ。あさイチでも上羽絵惣さんの胡粉ネイルは以前取り上げられたみたいで、その時は反響がすごかったようですよ。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:育児あれこれ

コメントを残す

このページの先頭へ