はなまるマーケット座りっぱなし症候群  エコノミー症候群の予防にはゴルフボールとふくらはぎもみが効きます!

スポンサード リンク


皆さん、エコノミー症状群という病気についてはお聞きになったことがあると思います。

ƒvƒŠƒ“ƒg

旅行でむくんだ脚にはエステジェルでセルフマッサージ!翌日が楽ちん!

☆彡エステサロンのプレミアコースで使用されているレッグケアジェルでおうちで簡単!むくみすっきり!足首ほっそり!脚痩せエステ

ロングフライト症候群ともいわれる病気のことで、海外旅行などで飛行機の座席に長時間座っていることで膝の裏あたりに血栓ができ、それが肺動脈をふさいでしまうことで発症します。

はなまるマーケットでは、座りっぱなし症候群として取り上げられていてご存知の方も多いかもしれません。

エコノミー症候群の症状は、特に運動もしていないのに起きるふくらはぎの筋肉痛もあると言われます。でも、それだけで自分はエコノミー症候群かもしれない・・・とは思いませんよね。

日本人は正座をする習慣があるので、欧米人よりはなりにくいと言われているそうですが、近年は生活様式が洋風になっていることもあり、例えば事務職の方がデスクワークを長く続けているだけでエコノミー症候群になってしまうこともあるそうなのです。

エコノミー症候群は血栓が肺静脈まで流れていき、肺塞栓症で死亡することもある怖い病気ですので、十分な注意が必要です。

では、どうすればこのエコノミー症候群を予防できるのでしょうか。まず、必要なのはこまめに水分を摂ることだそうです。血を固まりにくくするためですね。

そして、できれば、血流を良くするため1~2時間毎に席を立って歩くことが望ましいそうですが、飛行機の中ではそういうわけにもいきませんよね。

そこで、専用の器具などもあるようですがゴルフボールがおすすめ!、足の裏に刺激を与えることでこれはゴルフボールで足をコロコロしていくだけでも血流がよくなるので気持ちがいいですよ。フライトアテンダントの方も機内で座っている時にゴルフボールでコロコロされているそうですよ。

他のエコノミー症候群の予防グッズといえば、弾圧ソックス!これは段階的に圧力をかけることによってで血行を促していく靴下で、ほとんどがハイソックスですので、着脱もしやすくなっています。

弾圧ソックスもゴルフボールも苦手という方には、ふくらはぎもみがおすすめ!

金スマで紹介された槙孝子先生のふくらはぎ健康法動画

座りっぱなしでデスクワークをされている方、長期フライトで足がむくむ方、エコノミー症候群対策がしたい方、是非お試しくださいね。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ふくらはぎ健康法

コメントを残す

このページの先頭へ