すご腕の専門外来 冷え性対策 生の生姜は逆に体を冷やす?半身浴はダメ?黄金生姜パウダーのジンジャーホットティーで偽食欲撃退!

スポンサード リンク


間違いだらけの冷え対策 すご腕の専門外来

ohuro

昨日テレビを見て知ったのだけれど、実は、北里大学東洋医学総合研究所の伊藤剛先生によると冷え性にいいと言われていることの中には逆に冷えを生み出す原因になっているんだとか・・・。

例えば、番組で取り上げられたのは、生姜と半身浴!

実は、生姜も生のものは、一時は体がポカポカしてあったかくなった気がしますが、実は、体の熱を奪っていくんだか・・・。

漢方薬には必ずと言っていいほど入っている生姜、生姜が冷え性だけでなく育毛にも言いって雑誌に書いてあったもので、30過ぎて薄毛が気になる私、生姜をすりおろしたものを紅茶に入れて飲んでいました。

生姜をするのってめちゃくちゃ手が疲れる、しびれる、腱鞘炎気味の時は本当に辛い・・・・。何かいいものは無いかしら?と思ったらいいのがありましたよ。

猫を抱っこしているみたいにぽっかぽか!生姜で髪の生え際に産毛がツンツン生えてきたわw髪を一つにくくる時にはアホ毛がいっぱいで嬉しい悲鳴あげてます!

↓ ↓ ↓

生姜は熱を加えたものを使うと冷えにいいらしいですよ。ショウガを加熱したり乾燥させると、ジンゲロールがショウガオールに変化します。

確かに金時生姜パウダーは、生姜の中でも温めパワーが強い生姜であることは間違いないですが、生のすりおろした生姜よりもポカポカ度が高い気がします。

中医アロマ的温活・乾燥ショウガは「体を中から温める」

続いて半身浴!これは逆に体を冷やすこともあるらしい・・・。

これは、ちょっと意外でしたよ。重曹や食塩を入れて半身浴していたら汗が出てきてかとっても気持ちがいいし、冷え性にいいと信じて毎日、家事や育児、仕事に忙しい女性はダイエットンもかねてやってる人多いんじゃないかしら?

重度な冷え性の場合、足湯も根本的な解決にならないみたいですね。リラックス効果を期待するならいいんですけどね、自律神経も整いますしね。

重たい末端冷え性で腰が痛いよ~って私みたいな冷えのタイプには、生姜よりも、半身浴よりもやっぱりふくらはぎをもむのが冷えには即効性があって体があったかい状態が長くキープされるような気がします。

金スマで紹介された槙孝子先生のふくらはぎ健康法動画

ふくらはぎを揉むと血流が良くなるから、寒さから来る冷えも、ストレスから来る冷えも改善されて、脳からの偽物の食欲がなくなって甘いものとか食べたくなくなるんですよね。

ストレスなノーカロリーだけど、体が冷えるととにかくカロリーを摂取したくなるように人間の体はできているから、腰やお腹にホッカイロを貼るだけでも、食欲が落ち着いたりしますよ。

私もストレス太りした経験あるから、というか、今、ダイエット中だから最近ストレス太りしたローラも他人事だと思えないわ・・・。

ふくらはぎを揉んだ後に、はちみつちょっとだけ入れたほんのりジンジャーティーを飲むと、チョコレートもスナック菓子も甘いケーキも、あれほど食べたかったのに「あっ、いらない!」って感じで不思議と全く食べたくなくなります。ちなみに甘いものは体を余計に冷やします。砂糖のとり過ぎに過ぎにご用心!

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:冷え取り健康法

コメントを残す

このページの先頭へ