くしゃみや大きな声を出すと腰にバキンと激痛!ぎっくり腰!解決策は腹筋と抱きまくら 温め電気療法

スポンサード リンク


いよいよ冬の到来ですね。腰痛持ちの方には本当につらい季節です。

さて、くしゃみをすると腰に激痛が走って腰に響く・・・なんて経験ありませんか?腰にバキンといいますかビキンズキンとした痛みが走るぎっくり腰。大きな声を出すと腰が痛くて涙涙・・・。

koshigaitaijyosei

鼻スースで今日も絶好調( ̄∇ ̄)?♪!

☆彡妊婦さん飲めるハーブティー♪夫のいびきがうるさくて眠れない!夫婦仲が悪化する前に花粉症、季節の変わり目の鼻水、鼻詰まりにえぞしきスースー茶

くしゃみも大きな声を出すことも、一瞬、腰に力が入ってしまうのでどうしても痛みが走りますよね。くしゃみで痛いと花粉症の方や風邪をひいた時などつらいですね。

また大きな声を出すことで腰が痛くなるとカラオケなどに行っても思い切り楽しめません。これも悲しいことですよね。ではどうしたらよいのでしょうか?

腰痛体操などがよいとよく言われますが、続けることはなかなか難しいですし、体操で腹筋や背筋を鍛えても腰痛の原因である残りの大部分の時間・1日23時間ほどの姿勢が悪ければ、腰痛は悪化するだけなのです。

私も腰痛持ちですが、痛くなって整形外科に行くと腹筋を鍛えなさい!と言われ、あとは腰を温め電気療法。

ということは、1日24時間の姿勢を正すべきであるということが言えます。腰痛の原因は、背骨だけで体を支えていることにあります。要するに腹筋と背筋両方で体を支えればよいのです。

そして頭は上に引き上げるようにすることができればベストです。なぜなら頭は全体重の3分の1から2分の1ほどの重さがあるので、その重さを体で支えると背骨への負担が大きすぎるからなのです。

これを週に2~3回受けてくださいと言われ、あとは湿布薬を処方されて終わりです。しかしこれでよくなったことは一度もありません。腰痛とは本当に厄介なものです。

なかなかこのような姿勢をマスターして毎日続けるのは大変かもしれませんが、これができれば腰痛とはサヨナラできるそうです。また、やはり腰痛には温めることが良いそうなので入浴や腹巻などを利用するのもいいのではないでしょうか。

そして寝る時は横を向いて海老にように背中を丸めて寝ればよいようです。背骨の間隔をあけるようにするのが効果的ということのようですよ。抱きまくらを使えば腰に負担もかかりにくいです。

例えばコレ!

↓ ↓ ↓

どんな体勢でもしっかりと体をキャッチしてくれるので、伸び伸びゴロンとできます。耐カビ性抜群のカバーは水洗い可能

こちらは子供がヨダレを垂らしてまで添い寝したがるかわいい抱き枕

↓ ↓ ↓

抱きまくらに癒されながら眠ると、いつもより熟睡できる感じがします。抱きまくらをこの機会に是非どうぞ。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ぎっくり腰の悩み

コメントを残す

このページの先頭へ