授乳クッションっているの?授乳クッションで手首が楽になった体験談

スポンサード リンク


初めての授乳のときに、私はおっかなびっくりでした。

赤ちゃんに一生懸命おっぱいをあげようとすると、腕や手に無駄に力が入ってしまっていました。

赤ちゃんも一生懸命おっぱいを飲もうとしてくれているのだけど私とのタイミングが合わず、授乳時間ばかりかかっていました。そうなると手首にかなり負担がかかり、腱鞘炎になってしまいました。

赤ちゃん抱っこでパンパンの肩こりから来る頭痛がすっきり!

☆彡産後の抱っこの肩こり、ズキズキ頭痛に授乳中もママが安心して飲めるハーブサプリならずきしらずの実

赤ちゃんを抱っこしているのがつらいんです。そんなときに、先輩ママである友人から授乳クッションがあると便利だよと教えてもらいました。

ママにやさしい産後すぐに使える授乳クッション!

↓ ↓ ↓

友人に、「授乳クッションは必要なものなの?」と質問してみました。

すると、「授乳クッションなしの授乳姿勢は、どうしても前かがみになるので、腰とかにも負担がかかるし赤ちゃんを支えてる手首にも負担がかかるんだよと。」

なるほど。確かに前かがみだわ。

授乳クッションはちゃんと体のカーブにフィットするように三日月形をしていて、赤ちゃんを乗せて授乳してても前かがみにならないんだよとおしえてくれました。

しかも赤ちゃんに手を添えるだけでいいから手首に負担がかからない!すご~い。それは便利だわということで早速購入することにしました。

お店に行くといろんなタイプのものがありました。

赤ちゃんのお昼寝にも使えるタイプや、お座り補助にもなるタイプなど色々ありました。私はさわり心地のいい表面がタオル素材のものを選びました。
カバーなので赤ちゃんがおっぱいを吐いちゃったとしても綺麗に洗濯できるタイプです。

1年は使うものだから、衛生的にも洗えるタイプのものがお勧めだとおもいます。実際に使い始めたら、赤ちゃんのほうもとても楽そうで、今までにないゆったりした表情をしていました。

私自身、腱鞘炎も快方に向かっています。
なんといっても、体が楽で授乳してても気持ちに余裕がでてきました。こんないいもの出産前に聞いておけばよかったと思います。

助産師さんが教える赤ちゃんの沐浴の動画も勉強になるのでこれから出産されるママさんに宜しければどご覧になってみて下さいね。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:授乳クッション

コメントを残す

このページの先頭へ