お花見弁当で食中毒?ノロウイルス油断するな!家庭内食中毒 春の食中毒予防

スポンサード リンク


春の行楽シーズンスタート!ノロウイルスによる食中毒も油断大敵!桜の開花が待ち遠しい季節になりました。日本で一番桜の開花が待ち遠しい、温暖な高知県では早くも桜が咲いているそうでなんとも羨ましい限り。

さてさてm段々春めいてきて、外に出る機会が増えてきます。子供たちも、公園に行きたいとか、外で遊びたいなとよく言うようになってきました。

季節限定で楽しめるスイーツ 桜の杏仁豆腐を子供と作ってみませんか?

↓ ↓ ↓

桜の杏仁豆腐セット

これからは、お花見シーズンも始まることですし、お外でゆっくりとお花を見ながら楽しく食事をしたいものです。

しかし、ここで気を付けなければいけないのは、お花見弁当や、バーベキューなどでのノロウイルスや、食中毒などの感染症です。

食中毒は、お花見から紅葉狩りまでの期間十分になる可能性があるのです。食中毒の予防方法をしっかりと身につけておいた方がいいかもしれません。

簡単に食中毒やノロウイルス感染の予防方法を説明しますと、調理する時はしっかりと手洗いをすること。そして、生野菜などはよく洗いましょう。

火を使ったバーベキューなどでは、しっかりと火を通し、肉などは生焼けにならないようにしましょう。また、肉を掴んだトングで野菜を掴む歳には、野菜もしっかりと火を通しましょう。火が通ることによってある程度殺菌や消毒の効果もあるようです。

そうは言ってもお肉用のトングと野菜用のトングを分けるのが事故を防ぐのにはベストです。外で食事などをするときは、動物などに触れた場合は食べ物を触る前にしっかりと石鹸で手を洗いましょう。

調理後や調理前の食品を外へ持ち歩くときは、保冷材などでしっかりと保冷し、室温や外気温の温度で長く放置しないようにしましょう。ウイルスや細菌が増えるのを防げます。

ねりま食品衛生だより

食事の前は全員手を流水で洗う。それができない場合は、おしぼりや、除菌ティッシュなどでしっかりと手を拭いてから食事をとるようにしましょう。

ただし、消毒用アルコールはノロウィルスには効果がありませんが、腸管出血性大腸菌O157雑菌除去の効果に期待できます。

まとめて買うと夏まで使えて便利です!

↓ ↓ ↓

【Amazon.co.jp限定】除菌おでかけウェットティッシュ 大判 20枚入×10個セット 合計200枚入 M-34

楽しい家族行事がつらい思い出にならないようにしっかりと対策をしておきたいものですね。

お花見がてら、家族みんなで手作りお弁当をもってピクニックへ行って写真やビデオをたくさん撮影するのも春の休みのひとときにいかがでしょうか?

それから前から話題の砂糖と果物を手で混ぜて発酵させて作る酵素ドリンクも、実は雑菌だらけのものができていて、家庭内食中毒の原因になってる可能性もあるらしいので、熱処理された市販の酵素ドリンクを飲んだ方がいいかもですね。それなら酵素は生きてない?酵素ドリンクってどうなんでしょうね。

まあ、お腹を壊すよりはいいかぁ・・・。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:ノロウィルス

コメントを残す

このページの先頭へ