喉の腫れは風邪やインフルエンザじゃなくて橋本病?橋本病はイソジンでうがいしちゃだめなの?

スポンサード リンク


喉の甲状腺の腫れは橋本病?

kahunsoukodomo

寒く冷たい日々が続いていますね。空気が乾燥しています。インフルエンザ、風邪予防にこのような時期は、やはり帰宅したら、うがいと手洗いは欠かせません。

喉のイガイガに効くお茶ならスロートコート ハーブティー!カラオケもばっちり!女性に嬉しいホルモン調整力あり!

そのうがいの時に、うがい薬としてイソジンのうがい薬を使われる方も多いと思います。

このイソジンの使い過ぎによるトラブルというのがよくあるとのこで調べてみました。まず、うがい薬としてのイソジンですが、1日5~6回以上も使用すると口の中の粘膜がかぶれたり、喉が荒れたりすることがあるそうです。

そして、当然ですが、指示通りに薄めて使わなければいけません。例えば、皮膚の消毒用に処方されたイソジンでうがいをしたりしてはいけません。

なぜかというと、イソジンの主成分であるポピヨンヨードの濃度が皮膚の消毒用とうがい薬用とでは違うからです。


「イソジンうがい薬」は「のどのうがい」だけではありません。歯と歯茎などお口の中全体に殺菌・消毒効果があります。

「イソジンうがい薬」は口臭除去にも効果があります。
口臭の原因の多くは、歯や舌などの口内に繁殖した細菌・真菌などの微生物です。

さまざまな細菌、真菌、ウイルスに殺菌・消毒効果があります。
[効能・効果]

口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去
明治イソジン

同じイソジンだからといっても正しく使わなければいけないということですよね。

どんなお薬でもそうですが、正しく使わなければ、中毒になったり、体に毒になるわけですから、イソジンも同じということですね。

また、橋本病という病気の方には食事などでもヨードは制限されています。

この病気の方がイソジンでうがいをするのはよくないのか?ということですが、あまり神経質にならなくてもよいという意見と、できれば別の成分のうがい薬を使用したほうがよいというお医者様がいらっしゃるようです。

橋本病の方は、主治医の先生と相談して、イソジンのうがい薬でうがいをしてもよいかどうか確認すれば安心かもしれませんね。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:インフルエンザ

コメントを残す

このページの先頭へ