2014年 冬の流行ウイルス 今年のインフルエンザの兆しと特徴 A香港型(H3N2亜型)が53% 症状は?幼児は特に気をつけて!

スポンサード リンク


診察

冬は風邪やいろいろな感染症が流行る季節、先日もノロウイルスで1000人以上の集団感染が起こり、大きなニュースになりました。冬に特に流行するウイルスは前出のノロウイルス、RSウイルス、そして一番流行るのが、やはりインフルエンザウイルスではないでしょうか。

毎年恒例のインフルエンザ、性懲りも無く今年もアイツがやってきた!2014年冬のインフルエンザの流行のピークは?インフルエンザの型や傾向は?症状や特徴は?A香港型H3N2は幼児に特に気をつけて!ってどういうこと?気になる2014年のインフルエンザの情報をまとめてみました。

2013年第36~2014年第1週の18週間では、インフルエンザウイルスの検出は、AH3亜型(A香港型)の割合が最も多く、次いでAH1pdm09、B型の順となっている。
インフルエンザ流行マップ

2014年のインフルエンザは、A香港型(H3N2亜型)が53%が大流行する兆しあり!A香港型H3N2といえば2009年の、マスク売り切れ、パンデミックになった原因のインフルエンザですね。

A香港型H3N2は幼児に特に気をつけて!とテレビで警告されていますが、それは、このインフルエンザA香港型H3N2は、小児の抗体保有率が低いためなんです。

そのためインフルエンザ脳症の発生頻度が他のタイプのインフルエンザよりも増えてしまい、赤ちゃんに危険が伴う可能性もあります。赤ちゃんへのワクチン接種が必須と言われるのはそのためです。

年明けからじわじわインフルエンザ感染者が内科で確認されるようになり、インフルエンザB型の患者さんよりインフルエンザA型の患者が増えているそうです。

A型のインフルエンザは、B型インフルエンザよりも潜伏期間が短く、感染力が強く、時にパンデミックになった程なので注意が必要です。

ちなみに、パンデミック中でも私はインフルエンザにはかかりませんでした。とにかく疲れたら寝る、乳酸菌摂取が良かったのだと思います。

<<風邪とインフルエンザの見分け方>>

特にインフルエンザは重症化すると命にかかわる恐ろしいウイルス感染症です。インフルエンザは急に熱が上がってくる(38度以上)、関節痛がある、激しい頭痛などの症状がありますが、風邪では、このような急激な高熱や関節痛は見られないことが多いです。

インフルエンザは専用の検査薬を使って、診断をしますが高熱が出ても、12時間以上経たないと正しい結果が得られません。また、インフルエンザのピークは1月~2月であることも大きな特徴の一つです。

また、乳幼児や65歳以上の高齢者ではインフルエンザでの死亡率が高くなるという統計上の結果が出ています。

<<インフルエンザや風邪予防の対策はどうすればよいの?>>

基本的なことですが、まずは、予防接種があげられます。次に手洗い、うがい、規則正しい生活、栄養の取れた食事、適度な睡眠などの予防が大切です。

もうすでに1月の末(執筆現在)ですが、今からインフルエンザのワクチンを受けてもまだ間に合うとテレビでドクターがお話されていました。

病院に行かれる方はしっかりマスクをして、患者さんからインフルエンザや、ノロウィルスなどに感染しないようにワクチン摂取されて下さいね。

小顔な方も、インフル対策なら普通サイズのマスクの方がいいかも?

↓ ↓ ↓

快適使いきりマスク プリーツガード ふつうサイズ 60枚入

インフルエンザを予防 外出先でうがいができない時は?

お茶

2014年のインフルエンザを予防する食事として明治のR-1ヨーグルトがおすすめ!これを食べているとインフルエンザにかかりにくいという研究結果が出ているからです。

家族みんなで飲むならアマゾンでまとめ買いが楽です!

↓ ↓ ↓

明治ヨーグルト R-1ドリンクタイプ 112ml×48本

R-1乳酸菌の効果は本物だった!?

有田焼で知られる佐賀県有田町の衝撃的な疫学調査だった。

 それによると、2010年9月7日~11年3月18日までの期間、有田町の小中学生1904人が「R-1乳酸菌」を含むヨーグルトを毎日食べたところ、隣接する伊万里、武雄(たけお)、嬉野(うれしの)の3市と比べてインフルエンザの感染率が激減。武雄市の小学生の累積感染率が10・48%だったのに対し、有田町の小学生は0・64%にとどまるなど明らかな違いが出たという。

疫学調査を行った町立有田共立病院の井上文夫院長が説明する。

「客観的なデータシステムを基に行った調査で、その結果、このヨーグルトを摂取した子供たちが、そうでない子供たちと比べて、インフルエンザに感染しにくかったというのは事実です。調査後もご自身で買われている方も多く、今シーズンもこの地域では、インフルエンザ患者は他の地域に比べて少ない」

明治r-1インフルエンザ疫学調査

当たり前のことですが、外出後のうがい、爪先、手首などを含めた丁寧な手洗いは必須です。また、人ごみになるべく出ない、出る時は必ずマスクをするということも対策の一つと言えるでしょう。

とはいっても、仕事など出向先でうがいができない時がありまよね?そんな時は、カテキンパワー!殺菌効果のある緑茶で喉を潤しながら消毒するといいそうですよ。

かかると相当つらいインフルエンザですから、しっかり予防してインフルエンザにかからないように気をつけましょう。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:インフルエンザ

コメントを残す

このページの先頭へ