舌下免疫療法 保険適用はいつから?シダトレンで治療効果は80%  スギ花粉舌下減感作療法が今春に保険適用

スポンサード リンク


今年も花粉症対策をしなければと思っている人は多いですね。

私のまわりでも、2月ですが、なんとなく鼻がむずむず、目が痒いな~という方もいらっしゃるかもしれません。

もう少し経って3月に入ると、とても多くの人が毎年マスクをして鼻をじゅるじゅるさせる花粉症に悩む姿をみるようになります。私は花粉症が軽いのでそんなに辛くないのですが、症状が重くて頭がボーっとしてしまう同僚は車の運転もできなくて本当につらそうです。

Zemanta Related Posts Thumbnail

さすがはミドリムシ( ̄∇ ̄)♪

☆彡ホンマでっか ミドリムシだけに含まれるパラミロンが花粉症にも効くって本当? ユーグレナ ミドリムシ専科「ミドリムシエメラルドサプリ」が増量中キャンペーン開催中!

親しくしている花粉症のひどいママ友は、毎年注射をしてもらっているのですが、副作用が心配だと言っていました。効き目があるものなのだそうですが、ずっと続けていると免疫力が低下したり骨がもろくなる可能性があるとか・・。

また副作用の少ない注射の場合は何回も通わなくてはいけないので、それも大変そうです。

そんな花粉症に悩むあなたになんとも嬉しい朗報が飛び込んできました!

日本初の花粉症の「なめる薬」つまりスギ花粉舌下免疫療法が今春保険適用されるのです。舌下療法保険適用は本当に花粉症に悩む人には待ち望んだことですよね。

花粉の成分を元にしたシダトレンという薬を舌の裏側に目薬のように垂らして粘膜から取り込むのだそうです。

それで体を慣らして、花粉に対して異常な免疫反応を引き起こしている体質を改善していくという方法なのですが、舌下療法 病院でしてもらうとなると自由診療でこれまでは一年に5,6万円くらいが必要でした。効果のある薬でも経済的な負担はやはり大きいものですよね。

当然シダトレンも副作用の危険性はありますし治療にも時間がかかります。2,3年治療は続けなくてはいけないそうですね。

それでも保険適用になれば助かる人はとても多くなるのではないでしょうか?治療費はいくらになるかはもう少し先に決定するそうです。

学会や製薬会社での講習を受けた医師が処方するということで安心ですね。私もまわりの悩める人達にこの朗報を伝えたいと思っています。

治療開始時期は?効果は?

ただし、2014年の春の花粉症対策には間に合わないようで残念です。

Zemanta Related Posts Thumbnail

●治療の開始はスギ花粉シーズンをさけて、6~10月の間にスタートします。

●治療効果は100%ではありませんが、約80%と高い有効率を得ています。

パン片を舌下に置いて、そのパン片にスギ花粉のエキスを目薬を点眼する要領で垂らし、2分間じっと待った後、飲み込んでしまえば1日1回の投与は終了します。

治療は自宅で行なえます。開始の3週間は連続して投与し、それ以降は週に1~2回の投与でOKです。さらに、2~3週間に1回の投与と間隔を広げ、2年間続けます。通院は1カ月に1回で済みます。

2年を必要とする治療ですが、早い人では投与開始3週間の治療で効果のでてくる人もいます。
スギ花粉症の根治療法「舌下減感作療法」

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:花粉症

コメントを残す

このページの先頭へ