腱鞘炎再発防止対策 ストレッチで腱鞘炎が予防をやってみよう。

スポンサード リンク


一昔前は病気は治すものとされていましたが、今は予防の時代に入りました。

なんでもそうですが、一度どこかを患ってしまうとたとえ治ったとしても時間がかかったり、全く元通りにはならなかったりもするものです。
ここでは腱鞘炎の予防が比較的簡単に行える方法をご紹介します。

赤ちゃん抱っこでパンパンの肩こりから来る頭痛がすっきり!

☆彡産後の抱っこの肩こり、ズキズキ頭痛に授乳中もママが安心して飲めるハーブサプリならずきしらずの実

腱鞘炎は基本的に手や指を酷使することで発症します。たとえば、パソコンの過度の使用によって腱鞘炎になりやすい人は椅子や机の高さを調節する、手首にクッションを置くなどが効果的です。

また、いつも同じ手で赤ちゃんを抱いている人は反対の手を使うのも同様です。

予防と同様に効果がある簡単なストレッチ方法もご紹介しましょう。

腱鞘炎の原因の一つに、実は肩や腕、背中のコリとも言われています。もともとあまり使わない箇所なのに、どこかに痛みがあると一層体が固まってしまって動かさなくなり、もっと硬くなるという悪循環になっています。

毎日お風呂上がりなどにゆっくり時間をかけてストレッチするだけでも続けると効果がありますよ。

こうしたストレッチ方法によって筋肉をつけることは予防はもちろんのこと、一度治った後の再発予防にもとても効果的です。

また、特に再発予防に力を入れたいという人には、自宅で手軽に毎日できる腱鞘炎対策ストレッチがおすすめです。手首の腱鞘炎マッサージをするだけでも楽になりますが、先ほども説明したように体全体のコリをほぐすと手首や指の腱鞘炎も楽になると腱鞘炎も持ちの美容師さんから教わりました。

びっくりですね。でも、とっても気持ちがいいのでおすすめですよ。

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:腱鞘炎再発防止対策

コメントを残す

このページの先頭へ