始めての息子を出産から2ヶ月 突然左手に激痛が!赤ちゃんの首が座り縦抱っこまでの我慢よ!

スポンサード リンク


長男を出産したのが28歳の時でしたが、出産から2ヶ月くらいたったある日突然左手に激痛が走りました。

赤ちゃん かわいい

お皿を洗おうと思いお皿を持った瞬間の事です。痛くて痛くてお皿を落としてしまいました。その時はまさか腱鞘炎だとは思わなかったのですが、病院に行ったらそう診断されました。

初めての子育て、必死だったのは確かです。まだ横向きの抱っこしかできない長男を毎日毎日抱っこしていましたし、ふにゃふにゃの赤ちゃんを落としてはいけないと、肩と支える左手には相当の負担がかかっていたのだと思います。

ご飯の時にお茶碗を持てない私を心配してくれた主人ですが、家事を代わりにしてくれたことは残念ながらなかったですね。まぁこれはどうでもいいことなんですけれど。

病院では湿布を貼ること、極力左手を使わない事、と言われたのですが赤ちゃんを抱っこしないわけにはいきませんし、家事だってしなければいけません。

痛む左手で泣きながら抱っこをしていたのを思い出します。

当時の写真を見たら左腕から左手首にかけてサポーターをしている痛々しい姿がありました。夫もたまに家事を手伝ってあげれば良かったかな?なんてぼやいています(笑)

それでも不思議なもので赤ちゃんの首が座り縦抱っこが大丈夫になると、嘘みたいに良くなりました。長男の後、次男三男と出産しましたが腱鞘炎にはなりませんでした。

やはり初めての子育てで相当必死だったのだと、今では思います。

赤ちゃん抱っこでパンパンの肩こりから来る頭痛がすっきり!

☆彡産後の抱っこの肩こり、ズキズキ頭痛に授乳中もママが安心して飲めるハーブサプリならずきしらずの実

スポンサード リンク


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:腱鞘炎体験

コメントを残す

このページの先頭へ